ごきげん漢方川田薬局からのお知らせ


店舗と薬剤師の紹介

ごきげん漢方川田薬局のお店の写真

店主・川田泰山はじめまして。川田泰山です。ごぎげん漢方川田薬局へ来て下さってありがとうございます。 私が提唱しているごきげん漢方(五気源漢方)は、昭和38年を発足の年とし、以来40年にわたって、漢方を学び、多くのお客さまの健康相談に乗りながら、今日に至っています。 これまで、漢方研究に関するさまざまな努力・工夫を積み重ねて参りました。その中で生まれたのが「漢方自然療法」です。漢方療法に"自然"を足して、「漢方自然療法」となっているのですが、これはどうしてでしょうか。

漢方と自然医学の融合

薬草(ドクダミ)について書かれているページの写真40年間の研究の日々の中で、私は漢方の枠のみに止まらず、さまざまな「自然医学」と漢方の融合を試み、それらの相乗効果による療法、すなわち漢方自然療法を提唱するようになりました。
自然医学というと、漢方以上になじみのないお客さまもいらっしゃるかと思いますが、当店でお勧めしている薬草療法や、サプリメントによる健康サポート、あるいは自然食による食事療法がそれにあたります。
身体が本来持っている自然治癒力を促して健康を保持し、病気を治そうとする医学が「自然医学」であり、当店では、薬草・サプリメント・自然食を使ったケアをお勧めしています。 私は、これらの自然医学と漢方の基礎との関連を探求し、お客さまからの相談を受けて、実践を重ねて参りました。
そして、現代人に必要な栄養素でありながら、漢方自然療法の中核を成す「緑の栄養素」と「薬草」に着目するようになりました。


当店のピックアップ記事でも取り上げている「大麦若葉エキスと緑の栄養素」「健康茶と薬草」は、お客さまからの信頼が最も厚く、リピートも多い二大ジャンルとなっています。当店では、「緑の栄養素」「薬草」に「ビタミン・ミネラル・アミノ酸」を加え、下図のように、漢方の気・血・水の三角形の中心に来るものとして、考えています。

緑の栄養素・薬草・ビタミンミネラルと漢方の気・血・水の関係図

※ 上図を見ただけでは、わかりにくいかもしれませんが、漢方自然療法において、重きを置いているのは、デトックス(排泄・浄化)です。より詳しい説明は、ファイブ本草科学研究所に掲載しています。