ごきげん漢方川田薬局からのお知らせ


麻耶堂製薬株式会社

男性の更年期女性の更年期関節・腰の悩み血糖の乱れなど膀胱炎やムクミなど
頻尿・残尿感など皮膚疾患など高血圧・動悸・不眠など肝臓疾患・胆石など便秘・胃腸薬・痔疾など
感冒・鼻炎用薬など男性機能の衰えに滋養強壮に

滋養強壮に

何となく元気が出ない、という方にカプセルタイプで飲みやすい医薬品をお勧めします。

秦皇元(カプセル)

成人強壮保健薬
秦皇元(カプセル)

生薬を配合した、カプセルタイプで飲みやすい成人強壮保健薬。

包装希望小売価格(税別)
240カプセル25,000円

  • 秦皇元(カプセル)は、動物性、植物性の強壮生薬を配合した滋養強壮薬です。
    各成分の作用により、滋養強壮剤として肉体疲労時に効果をあらわします。
  • ●秦皇元(カプセル)に配合される強壮生薬
  • 動物性強壮生薬
    ●蛤蚧(ゴウカイ)
    オオヤモリの雌雄を一緒に用い、内臓を除去して乾燥したもので、体の疲れをとり、滋養をつけ、元気づける強壮の働きにすぐれています。
    ●海馬(カイバ)
    タツノオトシゴの内臓を除去して乾燥させたもので、内分泌器官に働きかけ、ホルモン様作用を示します。この作用が、強壮に効果をあらわします。
    ●鹿茸(ロクジョウ)
    マンシュウアカジカ等の袋角で、多くの滋養強壮成分を含みます。滋養強壮成分が体を補い、滋養強壮の働きにすぐれています。
    ●牛黄(ゴオウ)
    牛の胆のう及び胆管結石で、特に心臓、神経、血管系に働きかけて全身の強壮作用をあらわす成分を含む動物性生薬です。
    ●反鼻(ハンピ)
    一般にはマムシとして知られ、強壮剤として利用されます。アミノ酸群等の滋養強壮成分を含んでいます。
  • 植物性強壮薬
    ●ニンジン
    人参の成分と全身に働きかける強壮、抗疲労作用は広く研究され、汎用されている植物性強壮生薬です。
    ●インヨウカク
    元気をつけ、体を補って疲れをとる薬草として利用されています。
  • 次の場合の滋養強壮 :
    虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

4カプセル(成人1日量)中に次の成分を含有しています。

成分分量成分分量
ゴオウ末15.0mgカイバ末100.0mg
ゴウカイ末100.0mg鹿茸末(ロクジョウマツ) 100.0mg
ニンジン末200.0mgタウリン120.0mg
ハンピ末300.0mgカシュウ末200.0mg
インヨウカクエキス
(インヨウカク1250.0mgより製したエキス)
200.0mg  

添加物としてカルメロースCa、無水ケイ酸、セルロース、ゼラチン、ラウリル硫酸Na、酸化チタンを含有します。

次の量を、食後に、水又はお湯で服用してください。

年齢1回量1日服用回数
成人(15歳以上)2カプセル2回
15歳未満服用しないこと

服用時間を守りましょう。
食後 : 食事のあと30分位を指します。

  • <用法・用量に関連する注意>
  • (1)用法・用量を厳守してください。
  • (2)カプセル剤の取り出し方
押し出し模式図 右図のようにカプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

  • (1)医師の治療を受けている人
  • (2)次の診断を受けた人
    ・高血圧

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

関係部位症状
皮膚発疹・発赤、かゆみ
消化器食欲不振、胃部不快感、腹痛

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

症状の名称症状
肝機能障害発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
口のかわき、軟便、下痢

4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ビン入り品、PTP品について

  • 小児の手の届かない所に保管してください。
  • 他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
  • 一度開封した後は、品質保持の点からなるべく早く服用してください。
  • 使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

ビン入り品について

  • 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
  • ビンのフタはよくしめてください。しめ方が不十分ですと湿気などのため変質することがあります。また、本剤をぬれた手で扱わないでください。
  • ビンの中の詰め物は、輸送中にカプセル剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いてください。
  • 箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入してください。

PTP品について

  • 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
  • PTPシートを切り離すときは、変質の原因となりますので、服用しない本剤の裏面のアルミ箔に傷をつけないようにしてください。また、切り離したPTPシートの角で、手指などを傷つけないようご注意ください。
  • 箱の「開封年月日」記入欄に、開封した日付を記入してください。