ごきげん漢方川田薬局からのお知らせ


漢方の「証」では、相談者の体質の個人差・状態をさまざまな角度からとらえます。 漢方では、たとえ同じ悩み・病気でも、相談者によって証が異なる、というケースが多々ありえます。 個々の相談者の「証」に基づき、使用する薬剤が選ばれますので、相談者に優しく、論理的で緻密なご提案・アドバイス・治療・療法ができます。

基本概念外見や症状の目安
表証

裏証
主に急性熱病(発熱性の感染症など)の病毒・病巣の存在する部位(病位)を示す。 表証病位が体表部に存在し、悪寒・発熱・頭痛・発汗・関節痛・神経痛・浮腫(むくみ)など。
裏証病位が内臓などの深部に存在・口渇・腹痛・腹満(腹部膨満など)・便秘・下痢・排尿異常など。
寒証

熱証
主に慢性的な病気の人などの体の自覚的な(または他覚的な)温度感覚・悪寒・熱感・ほてりなどを示す。 寒証顔色蒼白・寒がり・手足の冷え・軟便・頻尿・痰・咳・鼻汁・関節のこわばりなど。
熱証顔色紅潮・暑がり・口渇・便秘・排尿少ない・発熱・ほてり・胸やけ・四肢痛など。
虚証

実証
主に慢性的な病気の人などの予備体力や体質、抵抗力の強弱などを示す。 虚証やせ型・筋肉弱・顔が細い・声が小さく、不明瞭・胃腸虚弱・疲れやすい・腹壁が軟弱など。
実証ガッチリ型・顔が太い・声が大きく明瞭・胃腸が強い・便秘がち・腹壁に弾力性があるなど。
陰証

陽証
急性病の進行状態・新陳代謝・病気の勢いなどを示す 陰証基礎代謝の低下・低血圧・低体温の傾向・発汗が少ない・冷え・顔色が蒼い・下痢気味など
陽証基礎代謝の亢進・高血圧の傾向・体温が高め・発汗が多い・顔が紅潮する・口渇・便秘など

漢方は、体内の「気・血・水」に変調が起こると、人体の「陰陽」の調和が乱れて、全身の健康のバランスが乱れると考えます。
以下に気・血・水の漢方的な機能と、西洋医学的な機能をまとめました。

 漢方的な機能西洋医学的な機能
  • 生命活動のエネルギー源で、強い活力がある。
  • 絶えず体内を巡って、生命活動を促進する。
  • 体を温める。
  • 消化吸収機能と、それを司る神経系機能の総称。
  • 生命活動のエネルギー源で、体内の全ての器官や臓器に影響を及ぼす。
  • 「気」が目に見える形になったもの。
  • 全身に栄養を与えて、臓器や器官の働きを高める。
  • 体内を微調整して生命状態を改善。
  • 循環器(心臓・血管系)や内分泌系(ホルモンなどの分泌系)の機能の総称。
  • 血液で栄養素を循環させたり、ホルモンで生体を微調整する。
  • 体内の水液の総称。
  • 全身に栄養とうるおいを与える。
  • 生体の防御機能に関与している。
  • リンパ液・リンパ球を含めた免疫機能全体を司る。
気虚証主に「気」が減少・減退した状態を示す。 疲れやすい・食欲がない・眠い・かぜを引きやすい・めまい・気力がない・眼光や声に力がない・下痢傾向など。
瘀血証「血」が停滞・偏在した状態を示す。肌が黒ずむ・静脈瘤ができやすい・頭重・肩こり・冷え・のぼせ・手のひらの赤み・下腹部の圧痛や抵抗感・種々の精神神経症状など。
水毒証「水」が体内に偏在した状態を示す。浮腫(むくみ)・動悸や息切れ・咳や痰・手足の冷えやしびれ・関節痛・頭痛・口渇・水太り・腹部のゴロゴロ音やぴちゃぴちゃ音など。