ごきげん漢方川田薬局からのお知らせ


内因

七情

喜びは愉快で快活な心情の現れです。喜笑は意気を和やかにしたり、のびやかにしたり します。元々は営衛が順調で、健康や無病であるということの象徴ですが、行き過ぎた 喜笑は、神気を消耗させ、心神を不安にさせます。また突然有頂天になって、興奮して 狂喜することも、心神に影響して病気を起こさせます。喜笑が度をこせば、心気を傷つ け、また、肺に影響するとも言われています。
怒気が度起こせば、肝気を傷つけます。怒は情志の激動です。怒の為に気が横逆して、 上衝し、怒火が奮発する。肝臓そのものは剛強であるけれども、性が柔和を喜ぶので、 激怒が過度になれば、肝陰を傷つける。怒は情志の激しい動揺です。人は思い通りいか なかったり、不合理な出来事に遭遇すると、怒りがこみ上げます。怒気は過を越すと、 気が逆上・上衝し、肝気を傷つけることになります。肝臓そのものは剛強であるけれど も、その性は柔和を良しとするので、過度の怒気は、まず、肝陰を傷つけます。そして、 肝陰が傷つくと、肝陽が過剰になり、陰陽のバランスを欠くので、怒はさらに激しやす くなり、より一層肝が傷つきます。また、陰血が消耗すると肝火が盛んになります。小 さな刺激にも、すぐ反応するようになります。だから、肝陰が欠けて火の盛んな人は怒 りっぽくなります。怒は肝臓にだけでなく、他の臓器にも生じるのです。
憂は陰鬱で、心が沈むことを言います。憂の度を越すと、気が閉塞してしまい、肺が傷 つきます。また脾は肺の母にあたるので、消化不良で脾も同時に傷つきます。五行では、 肺と脾は、母と子の関係にあたるので、互いに影響し合います。
思は智恵を運用して、意志の力で考えることです。適度の思慮は健康に害を及ぼすこと はありません。しかし、度を越した思慮は精神に影響し、錯乱をまき、食欲不振・消化 不良に繋がります。つまり思慮の過度は、脾を傷つけることになります。脾が傷つくと、 脾からエネルギーを吸収することができず、精神は日増しに憔悴し、思慮に集中できな くなります。
悲は精神的に追い詰められた時、懊悩、感傷、哀切によって生まれる。悲哀が度を越す と、内臓が傷つけられます。この時、もっとも傷つくのが心と肺です。これは「肺が気 を主り」、「心が神を蔵す」からです。逆に、内臓に病変を起して、悲哀の感情が生ま れる場合もあります。心気が不足すると、悲観的な感情が生まれやすいのです。
火は熱から生じ、熱が極まれば、火を生じます。火邪は、速やかに発病し、変化が多く、個体反応が強 烈なものです。症状の特徴は、高熱、体液の消耗、出血、熱感、、脈数(脈が早い)などで、全身または 局所の著明な熱の症状を表します。また濃い鼻汁・小便混濁・急性の下痢・喀痰黄濃なども火の症状になりま す。これらの症状は実火に多く、実火と比べて症状は穏やかです。虚火は陰虚内熱によるもので、高熱はなく、 白濁もひどくありません。火にはまた外火と内火があります。外火は外界の熱気によるもの、他の五気の外因か ら転化してきたものがあります。内火は、内臓の機能の変化や情緒不安定に、外因が加わって発生します。(心 火・肝火・肺火・腎火など)
驚は、不意の事変が起こり、精神に極度の緊張が発生することを言います。突然大きな 音が鳴ってびっくりするとか、異物を目撃して心を乱されるとかの、予想外のできごと に出会うと、人は驚愕します。驚愕すると、心神が内動して、神が驚き、気が乱れ、感 情が不安定になります。その為に病気が誘発されるような時は、心気が虚となり、驚愕 によって、容易に心が動かされてしまうような状態になっています。

外因

六淫のイメージ

六淫

風の病は四季において、温和・炎熱・爽涼・寒冷と変化します。 そのため、他の気と結びつきやすく、風の病は広範に渡ることになります。(全身に疼痛を伴う風湿( リュウマチなど)、煩燥・口渇を伴う風温など。)そもそも風は、空気の流動・動揺をさし、その疾病の 状態は、自然界の風の様相と似ています。発病は急で、病勢の進行は早く、変化が多いものです。震顫(ふるえ) ・眩暈(めまい)・疼痛・掻痒(かゆみ)など風の現象に似た症状が挙げられます。風病は春に多いので、古人は 「風」を春の主気としました。(旧暦では節分の以後の約三ヶ月が春にあたります。)
「外風」‥‥‥外界の気が流動し、気流が変化して、人体襲い、人体が涼を受けて発生する疾病を言いま す。(傷風・風寒・風湿・など。)
寒は寒冷の病です。寒の気温が低下する現象(寒気や冷え)は、低温酷寒の冬に譬えられるので、 寒は冬の主気とされています。疾病の特徴は寒冷性の冷えになります。寒邪が体内に入り込むと、 まず悪寒・発熱・頭痛・全身疼痛・無汗などの症状が表れます。これが進行すると炎症や熱を発生することもありま す。また風邪の引き始めに、最初に背中がゾクゾクとするのは、寒の冬が北にあたり、風と症状のなので、悪 寒結びついた風寒は北風となり、人を背後から襲うためだと言われています。
「外寒」‥‥‥気温が低下しい、人体が寒気の侵襲を受けて、疾病を起こすものです。
「内寒」‥‥‥臓器の生理機能の減退・新陳代謝の低下などによって起こる寒象のことを言います。
暑は夏の主気です。暑さに適応できず人体のバランスが崩れた時、暑は暑邪となって人体を襲う こととなります。暑病は比較的範囲が広く、炎熱の気候によるものと、暑い季節の多湿によるものの 、二つの暑邪による分け方がなされています。湿と熱とは互いに結合して人体を襲うもので、熱の勢 いがより盛んなものを「湿火」と称します。(主なものに消化器官の炎症があります。)暑熱の症状に は高熱、口渇、無汗(また大汗出)といった症状があげられ、暑湿では、四肢倦怠、食欲不振、身熱 起伏、悪心嘔吐といった症状があげられています。また、天からくるものを「熱」、地からくるもの を「火」として考えることもあります。
「陽暑」‥‥‥暑い日中、汗を出す仕事をして暑邪に破れることをいいます。
「陰暑」‥‥‥暑い月に涼を求めて、冷たいもの食べて、暑邪に破れるのこといいます。
湿邪による疾病は湿っぽい季節に起こりやすいものです。湿は、空気中の水分が多すぎ、湿度が高すぎ る現象です。長夏(陰暦六月の異名)には雨量が多く、土地が潮湿(じめついた状態)になり、カビが生え 早朝に湿気が充満するので、湿は長夏の主気であるとされています。この他、湿地帯で生活したり、水中で作 業したり、ぬれたものを長く着ていたりということで起こることがあります。(外湿)また習慣的に酒茶を嗜 んだり、冷えた果物や甘いものを食べすぎたりすると消化器の運動に影響が出て、湿が 内から湿が生じることもあります。(内湿) 湿の性質は、重く粘稠で、除去しにくく、概して経過が長いものです。身体困倦、四肢沈重となり、とりわけ 関節が侵されると、関節の痛みや運動障害がつきまといます。また湿邪は脾(胃腸など)をおかしやすく、食欲 不振・消化不良がみられることがあります。脾虚では、内湿を生じやすいばかりではなく、外湿も受け入れや すく、外湿の侵入で内湿をまねくことがあります。
燥邪による疾病は自然界の乾燥の状態と似通っています。大気中の湿度が低くなると乾燥し、鼻腔乾燥 ・鼻出血・口渇・唇の乾燥、ひび割れ、皮膚の乾燥等の症状が出ます。乾燥が秋に多いことから、燥は 秋の主気とされています。秋燥には、涼しく、風がひどい時の涼燥と、晴れが続いて燥熱になる温燥とがあり ます。涼燥は頭痛や悪寒・咳・鼻づまりなどの症状が表れ、温燥では、発熱、口渇・ノドの痛み・鼻の乾燥と いった症状が多く見られます。両方に共通する症状としては、口の乾燥・津液の不足・乾燥した大便等の現象 があげられます。燥邪とは、主に体内の水分不足の状態をさします。
火は熱から生じ、熱が極まれば、火を生じます。火邪は、速やかに発病し、変化が多く、個体反応が強 烈なものです。症状の特徴は、高熱、体液の消耗、出血、熱感、、脈数(脈が早い)などで、全身または 局所の著明な熱の症状を表します。また濃い鼻汁・小便混濁・急性の下痢・喀痰黄濃なども火の症状になりま す。これらの症状は実火に多く、実火と比べて症状は穏やかです。虚火は陰虚内熱によるもので、高熱はなく、 白濁もひどくありません。火にはまた外火と内火があります。外火は外界の熱気によるもの、他の五気の外因か ら転化してきたものがあります。内火は、内臓の機能の変化や情緒不安定に、外因が加わって発生します。(心 火・肝火・肺火・腎火など)